早漏対策はしてますか?

夫婦仲のピンチ

 

早漏で悩んでいる男性は少なくありませんが、
実は前戯で充分に女性を感じさせることができるなら、
早漏自体はそれほど問題になりません。

 

とはいえ、早漏は男性自身がセックスを楽しむことができませんし
気持ちにゆとりをもってセックスすることができなくなってしまいますから、
やはり、早漏は克服したいもの。

 

ここで、とても実践的なと早漏対策をしっかりとお伝えしますね。

 

まずは、足の裏の筋肉を伸ばしてみる方法です。

 

射精は、人体のメカニズム上、
肛門、ふくらはぎ、つま先など、下半身の筋肉の収縮によって起きます。

 

だから、その収縮の動きを阻止してやれば射精を我慢することができます。
簡単な方法は、つま先立ちしてみること。
バック、正常位の時なら、つま先立ちは簡単にできますよね。

 

つま先立ちをしにくい体位の時は、足の親指と人差し指の間をぐっと開くのも良い方法です。
床を使って押し広げれば簡単にできます。

 

これはAV男優も使っているテクニックですし、
慣れないうちは自分の手を使って足の指を広げてもいいでしょう。

 

他にはペニス、タマ袋を引っ張って停めるテクニックです。

 

射精する時は、実はタマ袋は小さくしぼんでいます。
溜まっている精液が、発射するためにペニスに集まっているからですなん。
だから、射精しそうになった時、タマ袋を引っ張るだけでも効果はあります。

 

コンドームの2枚重ねも有名な方法です。

 

1枚目を亀頭の付近までにしておくとさらに効果は倍増します。
ただし、コンドームの2枚重ねは、
コンドーム同士の摩擦で破れやすくなるので、注意が必要です。

 

射精時間のコントロール法も書いておきます。

 

ちょっと気長な方法ではありますが、訓練すれば射精時間は調整できるようになります。

 

その方法とは・・・毎日お酒を飲みながら、オナニーをするようにしてください。
アルコールには射精を阻止する成分が含まれていますので
少し酔った状態でオナニーして、発射する直前まで持っていきます。

 

そこでぐっと我慢してその状態を保っていると、
脳が射精のタイミングをコントロールすることを学習してしまうんです。
くれくれもお酒の飲み過ぎには気を付けて是非、やってみてください。

 

まとめ

 

足の裏の筋肉を伸ばしてセックスする
毎日お酒を飲みながら、オナニーする